Connecting...

上司と良い関係を築くためのコツとは?

by Advisory Group

W1siziisijiwmtkvmdcvmdkvmdmvmdmvmjivmjk4l2fkdwx0lwjsdxitym9zcy0yodg0nzcgkdipicgxks5qcgcixsxbinailcj0ahvtyiisijkwmhg1mdajil1d

新しい仕事に就いて間もない頃は、仕事のプロセスを叩きこんだり、同僚とのコミュニケーションをとったり…と諸々神経を使うシチュエーションが続くかと思います。その中でも、上司との関係性は特に気を遣うことなのではないでしょうか。上司との健全な関係は、仕事の成績を向上させ、志気を高め、将来の昇進のきっかけとなる可能性もあります。本稿では上司との良好な関係を築くヒントにつき解説していきます。

1.上司のワークスタイルを理解する

上司が簡潔または詳細な説明のどちらを好むご存知ですか?上司に仕事上のアドバイスを求めるのに最適なタイミングはいつですか?あなたの上司は、逐次レポートそれとも週一度のレポートのいずれを望んでいますか?問題が発生した場合、上司はまずあなたが対応することを望んでいますか、それともすぐに自身が対応できるよう望んでいますか?上司に直接質問できる場合は質問をし、そうでない場合は日常業務におけるさまざまなコミュニケーションで上司がどのように対応しているかを観察してみましょう。

これらの事項を可能な限り把握することが、上司との良好な関係性構築の一助となります。

2.上司にフィードバックを求める

職場でのパフォーマンスについて、上司に定期的なフィードバックを求めることを躊躇しないでください。そのフィードバックは、業務を遂行するうえであなたがオープンマインドであり、改善する意欲を示すのに役立ちます。上司は、通常複数のタスクの処理と多数の従業員の管理に非常に忙しく、こちらから求めない場合には、フィードバックを提供する時間がないことを知っておきましょう。

3.イニシアチブを取り、積極的に行動する

より多くの責任を負い、新しいことを学ぶことに躊躇がない従業員を嫌う人はいるでしょうか?1日のタスクを終えてもまだ時間や余裕がある場合は、同僚に助けが必要かどうかを尋ね、助けが必要な場合は上司にそのサポートに入ってよいか尋ねてください。上司の指示前に、先を見越して、必要な業務を見つけ遂行することは、あなたが本当のチームプレーヤーで、より多くの責任を引き受ける準備ができており、会社にとって価値ある人材であるとのアピールになります。

4.上司の期待を知る

特定のタスクと責任を実行するために雇われたわけですが、その期限はいつですか?タスク遂行上の優先順位は何ですか?あなたの業務遂行に対する上司の期待について話し合ってください。期待に応えられない場合は、上司にその理由を事前に知らせてください。

5.オフィスゴシップを避ける

オフィスのゴシップや紛争に巻き込まれないようにしてください。あなたがどれだけプロフェッショナルであるかを示し、仕事中はゴシップではなくタスクと責任に焦点を合わせていることを示しましょう。


お問い合わせは、info@theadvisorygroup.co.jpまたは03-4540-1780まで。