Connecting...

企業が契約社員を雇用する理由とは?

by Advisory Group

W1siziisijiwmtkvmdyvmjcvmdivmdcvmjkvodm3l3rlbxboaxjpbmcuanbnil0swyjwiiwidgh1bwiilci5mdb4ntawiyjdxq

今日、契約社員は年々増加しており、また企業活動にとって不可欠な存在となっています。それではなぜ、企業は契約社員を雇用するのでしょうか。本稿では、その5つのニーズについて解説していきます。

1.変動する需要に対応

どの企業でも、ある時期に仕事量の増加が生じることがあります。たとえば、財務および会計などのバックオフィス部門では、ピークシーズン、月末、年末などの間に作業負荷が大幅に増加する可能性があります。 このような繁忙期の一時的な仕事の過負荷を解消するため、企業には契約社員を雇用するニーズがあります。

2.人員不足によるギャップの解消およびタスク過負荷の緩和

社員の予想外の退社、怪我や病気による休職、産休や育休等の事由により、企業はチームの責任と作業負荷のバランスを逸する可能性があります。多くの企業は、このような状況が生じた際、ビジネスワークフローや生産性を維持、引き続きチーム内の士気を高めるため、契約社員を雇用するニーズがあります。 

3. 正社員登用の前提としての試用

企業側には、正社員登用の前提として候補者が社風と一致するかを見極めるため、契約社員としての雇用を選択するというニーズがあります。それと同時に、候補者にとっても、その期間を通じて職責や職場環境が希望に沿うものであるかを確認することができるというメリットがあります。 

4. 特別なプロジェクト遂行上の即戦力

企業が特別なプロジェクトを立ち上げ、その遂行に専門性の高いスキルを必要とする場合、経験値が高く即戦力となる専門家を契約社員として雇用します。これら契約社員は、自らのスキルをいかに活かせばプロジェクトを成功させることができるかを熟知しています。企業にとっては、トレーニングの時間とコストを削減することができます。 

5. 予算調整上の理由

多くの企業は、一時的に社員の採用を停止している間、または従業員数が承認されるまで、契約社員を採用します。契約社員の採用は、起業にとり迅速かつ予算内でタスクを完遂することができる費用効果の高い手段です。これにより企業は、どのように短期および長期の人員を組み合わせるか等の人員配置案を検討し、企業活動が円滑に進む最善策を見出すことができます。

契約社員のポジションについて、またはその他のサービスに関する詳細については、03-4540-1780またはinfo@theadvisorygroup.co.jpまでお問い合わせください。