Connecting...

キャリアのブランクをマイナス評価にさせない4つのポイントとは?

by Advisory Group

W1siziisijiwmtkvmdyvmjgvmdyvndcvndcvndiylzq2odquanbnil0swyjwiiwidgh1bwiilci5mdb4ntawiyjdxq

職歴にブランクがある場合、面接でその理由を聞かれる可能性は高いでしょう。その場合、あなたはどう説明しますか?本稿では、面接でキャリアのブランクをマイナス評価にさせない4つのポイントを解説します。

1.率直にブランクができた理由を説明する

ブランクができた理由として、スキルアップのための資格勉強、家族の問題など様々な理由があるでしょう。ここでは嘘をつかず率直にブランクができた理由を伝えましょう。  変に取り繕った場合、面接官とのやり取りの中で辻褄が合わないところが出てくるかもしれません。面接官はあなたの返答を冷静に聞いています。

2.ブランクの状況を端的に説明する

ブランクが複数ある場合、そのブランクごとにどのような回答をするか、注意深く準備、確認してください。面接官に説明するときは、長々と説明せず、端的にその理由を伝えると良いでしょう。以下は、ブランクとして合理的な理由の例です。

  • 病気の家族の看病のためのブランク
  • 出産・育児や健康上の問題のためのブランク
  • キャリアチェンジのためのブランク
  • さらなる資格取得、その他の専門的なトレーニングのためのブランク
  • 自分のビジネスを始めたため

3.面接官の懸念を払拭するよう努める

一部の面接官は、キャリアブランクのある候補者の採用につき懸念を抱く場合があります。その懸念を払拭するべく、ブランクの間に資格取得、セミナー、またオンラインコースに参加し、スキルを最新のものに保つことができたとアピールしましょう。すべてがハードスキルである必要はなく、タイムマネジメントやコミュニケーション、問題解決、批判的思考などのソフトスキルも立派なスキルの一つです。今一度ブランクの期間を振り返り、身に就いたスキルの棚卸をしましょう。 

4.スキルを最新に保つ

就職活動の合間に、スキルと専門知識を最新の状態のものにアップデイトしてください。弊社アドバイザーに、どのようなトレーニングや資格を取得すれば、あなたの専門分野がより特化したものになり今後の就職活動に有利になるかを是非ご相談ください。 

アドバイザリーグループでは、キャリアブランクのある候補者様が仕事に戻るのを応援しています。キャリアブランクを気にして就職活動の二の足を踏むことがあれば、是非弊社にご相談ください。

お問い合わせは、03-4540-1780またはinfo@theadvisorygroup.co.jp まで。