Connecting...

転職を考えるべき4つのサインとは?

by Advisory Group

W1siziisijiwmtkvmtavmtevmdavmjkvmjavotevmwq4ngnhnjktymvkyi00n2fhlwjhm2itywq5oguzywm4mjgxlmpwzwcixsxbinailcj0ahvtyiisijkwmhg1mdajil1d

人間関係や場合によっては仕事内容も変化するなど、転職には変化が伴うためエネルギーが必要です。今の職場に不満を抱きつつも、なかなか踏み出せない方もいらっしゃるかもしれません。しかし、現状を変えるには何らかのアクションが必要です。本稿では、転職を考えるべき4つのサインを解説していきます。

1.常にストレスや不安を感じている

オフィスに足を踏み入れるときに恐怖を感じることがありますか?1日を過ごした後、仕事のストレスを抱えていますか?どちらかが強くあてはまる場合、仕事中か否かにかかわらず深刻なコストがかかることを自覚しましょう。ストレスが蓄積することは言うまでもなくあなたの精神的・肉体的な健康に深刻な影響をもたらします。あなたはストレスに慣れているかもしれませんし、それが当たり前だと感じているかもしれません。しかし、いったん立ち止まって果たしてそれが当たり前なのか考えてみましょう。より良い仕事が他の選択肢としてあるのではないか自問してみましょう。

 2.   勤め先の業績や成功に興味がない

勤務時間内はもちろん仕事をするが、それ以外会社のことは興味がなく何も気にしていない。会社の活動の結果や成功などにも関心がない。このようなマインドセットは間違いなくあなたのパフォーマンスに悪影響を及ぼしています。職場で最低限の仕事をこなしていることに気づいたら、本当にその先もその職場にいるべきかを自問しましょう。誰もが充実したキャリアを持つに値することを忘れないようにしましょう。

3.昇進のチャンスがない

あなたの上司が何年も昇進しておらずそのポジションにとどまっている場合、当面あなたに昇進のチャンスが巡ってくる可能性は低いといえるでしょう。もし上層部との面談等の際、あなたにとって明確なキャリアパスが用意されていないと感じたら転職を考えてみましょう。さらなるキャリアアップを考える場合には、一つの職場に長く居続けないようにしましょう。

4.社風や企業理念とマッチしない

おそらくあなたは企業理念とビジョンを信じていないか、単に社風に適合していないだけでしょう。自分がどのような人間なのか、仕事以外でどのようにふるまうかを改めて認識し、オフィスに足を踏み入れた時にそれがどれほど変化するかに注目してください。そのギャップが大きいほどその職場はあなたに適した場所とはいえないかもしれません。私たちは、人生において多くの時間を職場で過ごします。おそらく自分の行動や価値観に合った場所を選ぶのがベストです。


現職に不安や不満があるが、なかなか転職に踏み出せない方、是非アドバイザリーグループのアドバイザーにご相談ください。現在の状況をプロのアドバイザーに共有することで、ご自身でも気づかなかった要因に気づくことができるかもしれません。お問い合わせは03-4540-1780またはinfo@theadvisorygroup.co.jpまで。