Connecting...

ソフトスキルの重要性と習得のヒントとは?

by Advisory Group

W1siziisijiwmtkvmtevmjavmdevmjevntcvnji0l3jlc2lnbi5qcgcixsxbinailcj0ahvtyiisijkwmhg1mdajil1d

高度かつバランスのとれたソフトスキルは、ビジネスの成功にとって非常に重要です。本稿ではその重要性、習得のヒントを解説していきます。

ソフトスキルとは?

ソフトスキルは、感情的知性と定義されたり、また人間性と言い換えられる場合があります。ハードスキル(Webデザイン、経理、編集経験などのより定量化可能な属性)よりも測定や開発が難しい場合がありますが、他者との関係、コミュニケーションに影響を与える可能性がある個人的な属性です。 ソフトスキルは、以下の能力や業務に関連する能力です。

  • 交渉
  • カスタマーサービス
  • ネットワーキング
  • プレゼンテーション
  • 紛争解決能力
  • コミュニケーション能力
  • チームワーク
  • 紛争解決能力

ソフトスキルはなぜ重要なのか?

ソフトスキルは、クライアントとの良好な関係構築に不可欠な要素です。 成熟したプレゼンテーションスキル、ネットワーキング能力、社交性は、新しいクライアントの獲得、また既存のクライアントから信頼を得てより多くの仕事を得るのに役立ちます。 最終的には、ソフトスキルを身に着けることは、ビジネスで成功するための強力なキーワード“自信”を得ることにつながります。 一方、ソフトスキルが不足していると、潜在的な可能性が制限されたり、ビジネスが崩壊したりする可能性さえあります。

ソフトスキル改善の指標とは?

通常、ソフトスキルは“あるかないか”ではありません。多くの人々は、一部のスキルは十分または模範的でありながら、他のスキルの習得に格闘していたりします。たとえば、優れたコミュニケーション能力とチームワーク能力はあるにもかかわらず、時間管理に苦労したり、プレッシャーにさらされたりします。また、ソフトスキルの測定は定量化しづらい分困難な面があります。ソフトスキルの重要性を過小評価することも、自身の習熟度を過大評価することも珍しくありません。より強力なソフトスキルを身に着けることで、以下のようなビジネス上の課題を改善できる場合があります。

  • 見込み客とのミーティングを設定するが、なかなか次の段階に進まない、取引が成立しない
  • 他のチームメンバーに比べて、クライアントの定着率が低い
  • 頻繁に会議に送れる、また締め切りに間に合わないことが多い  
  • ネットワーキングの場を避けている

ソフトスキルを開発する方法とは?

自己啓発の大きな第一歩は、改善が必要な分野を認識することです。これは、個人的な内省、ビジネスのパフォーマンスに関する評価、または信頼できる同僚や友人からのフィードバックを通じて行われます。長所と短所を自己認識したら、ビジネスプランに合わせ改善のための行動計画を作成します。ソフトスキルの大部分は自信と熱意によって支えられる一方、不安や自己否定性によって損なわれています。ポジティブなものを見ることができるように考え方を変えると、他の人とのやり取りに大きな影響を与える可能性があります。

アドバイザリーグループでは、求職者様のハードスキルだけではなくソフトスキル分析を含めたコンサルティングをおこない、ご満足いただけるお仕事探しのお手伝いを致しております。無料のコンサルティングご希望の方は03-4540-1780またはinfo@theadvisorygroup.co.jpまでお気軽にご連絡ください。