Connecting...

リラックスして面接に臨む方法とは?

by Advisory Group

W1siziisijiwmtkvmtevmjevmtqvmdcvntevoti0l0ludgvydmlldybuaxbzic1bzhzpc29yesbhcm91ccaomskuanbnil0swyjwiiwidgh1bwiilci5mdb4ntawiyjdxq

面接は、初めてであろうと100回目であろうと、就職活動の中で最もストレスの多い局面の1つです。重要な面接の前にリラックスすることは、求職者自身の心の安定のためだけでなく、面接官に好印象を与えることにもつながります。リラックスして面接に臨む方法につき、本稿で解説していきます。

1. 面接での問答を準備、リハーサルを行う

まず事前に面接のリハーサルを行うことで、緊張を和らげることができます。リハーサルには想定問答を用意します。あなたの経歴について聞かれる可能性のある項目をリストアップしてみましょう。これらの質問事項に対し答えを考え出し、しっかりと記憶しておきましょう。また、面接官に対する質問の準備として、企業メッセージ、最近の取引またはプレスリリース、その他の有用な情報など、雇用主のWebサイトも確認しておくことも重要です。これらの知識は面接官とのスモールトークにも役立ちます。面接の想定問答をしっかりと準備することで冷静かつ落ち着いた雰囲気で面接に臨むことができます。

2. インタビューを同僚との会話としてとらえてみる

面接を同僚との会話としてとらえてみることは、リラックスするのに大いに役立ちます。結局のところ、あなたはそのポジションの仕事について堅実なバックグラウンドがあり、そうでなければそもそも面接は設定されなかったでしょう。面接官に対し一般的なビジネスマナーをもって接するのは言わずもがなですが、面接の時間を、同僚と仕事について語る時間としてとらえてみましょう。

3. 強みを忘れない

前に述べたように、そのポジションの候補者としての資質がなければ、そもそも面接という機会は得られなかったでしょう。自身の強みとなるスキルと特性のリストを作成し、それらを職種の求人リストと比較してください。これらの資質とあなたが候補群衆から際立って助けると感じる側面に注目してください。メンターまたは以前の信頼できる同僚がいる場合は、彼らがあなたの強みだと感じたことについてフィードバックを求めてください。信頼している他者よりポジティブなフィードバックをえることで、面接日の自信不足から神経を鎮めることができます。

4. 他にもチャンスはある

最後に重要なこととして、就職・転職の機会が「一生に一度」となることはありえません。仮にその面接で良い結果が得られなかったとしても、他のより大きなチャンスを得る可能性もあるのです。仮に残念な結果であったとしても他にもまだ機会があると考えることで、目前のプレッシャーが緩和される場合があります。