Connecting...

職場でポジティブな関係を築く5つの方法とは?

by Advisory Group

W1siziisijiwmtkvmtivmdyvmdavndqvntmvmtqwl3blegvscy1wag90by0xmzy3mjc2lmpwzyjdlfsiccisinrodw1iiiwiotaweduwmcmixv0

1.ミーティングで自分の意見を共有する。

他者との関係を構築するための最良の方法の1つは、あなたがどういう人であるかを他の人に知らせることです。転職当初など、まだ職場の人達とコミュニケーションをとる機会があまりない場合には、ミーティングがその最適の機会となります。チームのプロジェクト等において、提供できる専門知識や適性をシェアしましょう。チームメンバーはあなたのことをよく知り、もっと話を聞きたいと思うきっかけになります。

2.職場でのゴシップに注意する。

他者について前向きに話す習慣を身に付け、職場のゴシップとは一線を画しましょう。もし職場の誰かについてネガティブな情報を聞いてしまった場合には、さりげなく他のトピックに切り替えるなどして、その話題がそれ以上続かないようにします。職場でのゴシップは、ゴシップの対象となる人よりもむしろ、ゴシップを話題にした人のほうが後々評価を下げることになることが多々あります。

3.同僚の仕事をサポートする。

常に自分がチームの一員であるという自覚をもちましょう。その自覚がなければ、そもそも他者をサポートしようという気持ちはうまれません。必要なタイミングで同僚のサポートにはいることで、協力して目標を達成する意識がうまれ、より密接なつながりが形成されます。彼らはあなたのサポートに感謝し、よりチームとしての結束力が強くなります。

4.感謝の意を伝える

仕事上での目的が達成されたときなど、口頭やEメールで感謝の意を伝えます。日々の業務に追われていると、つい他者のサポートを当たり前ととらえがちです。人は感謝されるとうれしいものです。そして感謝された人に親近感を覚えるようになります。簡単なもので良いので、感謝の意を伝えることを習慣化しましょう。

5.同僚と仕事以外の時間を共有する。

ある程度職場になじんでくると、マラソンやワインテイスティングなど共通の興味を見つけるかもしれません。平日は一緒にランチに出かけたり、週末に共通のイベントに参加することで、「仕事」という枠をこえた関係性を構築できます。