Connecting...

50代以上の転職をめぐる現状とは?

by Advisory group

W1siziisijiwmtkvmtivmdmvmjmvmjivndevotmwl3blegvscy1wag90by0yodg0nzcuanblzyjdlfsiccisinrodw1iiiwiotaweduwmcmixv0

かつては「転職するなら35歳まで」などと言われ、日本の人材市場ではあまり見られなかった50代の転職。

しかし、働き手不足が叫ばれる中、その状況は大きく変化しています。

2019年3月にリクルートワークス研究所が実施した定年前後の転職者”の採用・受け入れ実態調査によると、55歳から64歳の人を採用する意向のある採用担当者は約6割に上っています。また、未経験職種に転職したにもかかわらず転職に満足している転職者は約6割という結果が出ています。
勿論シニアプロフェッショナルの受け入れについて課題点は多々あると考えられますが、前述した「6割」という数字は、50代による転職が転職者企業双方ともにおおむね良好な結果をもたらすものであり、やがてメインストリームとなるといっても過言とはいえないでしょう。

アドバイザリーグループでは、シニアプロフェッショナルの皆様の多様な価値にいち早く気づき、積極的に採用を行っている企業様の案件を多数保有いたしております。「転職するなら〇歳まで」という既存の価値観にとらわれず、理想のお仕事探しをしてみませんか?

転職をためらっている50代以上の求職者様がいらっしゃいましたら是非info@theadvisorygroup.co.jpもしくは03-4530-9559までお気軽にご相談ください。