Connecting...

電話面接を成功させる秘訣とは?

by Advisory Group

W1siziisijiwmjavmdqvmjkvmtmvmtavmtavmtgvcgv4zwxzlxbob3rvltm3mjc0njquanblzyjdlfsiccisinrodw1iiiwiotaweduwmcmixv0

電話面接は対面での面接と異なり相手の姿が見えない分ぎこちなくなりがちです。しかし、適切な準備をすれば良い印象を与え、採用マネージャーとの信頼を早い段階で築き、他の面接候補者と一線を画すことができる重要なプロセスです。本稿ではそのヒントを解説いたします。

1.事前準備

・面接時間を確認したうえで、前後少なくとも1時間は予定をいれず、電話面接に集中できるようスケジュールを確保しておく。

・対面面接と同じように、想定質問を入念に準備します(詳しくはこちらの記事をご参照ください。)。一部の求職者の中には電話面接を非公式のチャットのように扱い全く準備をしない方もみられます。こういった方が次のプロセスに進むことは残念ながら滅多にありません。

・事前に友人等に協力を仰ぎ、模擬面接を行う。その際に、自分では気づかない口癖を指摘してもらう等して、当日までに改善するように努める。

・通信環境を確認、電波状況の良い部屋で通話をする。採用マネージャーの電話番号と氏名をあらかじめ登録しておき、遅くとも10分前には静かな部屋に移動しスタンバイしておきます。

2.電話面接中

・対面面接と異なり相手の表情が確認できないため、無駄に緊張してしまいそうな場合は、こちらの記事を読み、リラックスして面接に臨むようにします。マインドセットを整えることで、緊張が和らぐはずです。

・言わずもがなですが、あなたの面接中の様子が目視できないからといって、想定質問に対する答えを書き留めたノートをそのまま読み上げたりするのはやめましょう。その様子は必ず相手に伝わります。

・話すスピードに気を付けましょう。緊張している場合は、つい早口になってしまいがちですし、呼吸のタイミングもつかめなくなります。その場合は一呼吸おき落ち着くよう努めます。

3.電話面接後

・対面面接と同様、面接官に面接のお礼とフィードバックを伝え、そのチャンスにどれだけ関心があるかを示します。

最後に、重要なのは電話面接だからといって軽い気持ちで臨むではなく、対面面接と同様に入念な準備をしておくということです。