Connecting...

仕事でのネガティブなフィードバックを冷静に受け取る3つのヒントとは?

by Advisory Group

W1siziisijiwmjavmduvmdcvmtivmzgvmzyvmjqyl3blegvscy1wag90by04otewntkuanblzyjdlfsiccisinrodw1iiiwiotaweduwmcmixv0

仕事でのネガティブなフィードバックを受けたとき、あなたはどのように対応しますか?時にその対応は、あなたのビジネスパーソンとしての本質を露呈します。本稿ではネガティブなフィードバックを冷静に受け取る3つのヒントを解説します。

1.注意深く相手の話すことを聞く。

ネガティブなフィードバックが真実を含んでいるときほど、それを注意深く聞き、冷静に受け取るのは苦痛なものです。しかし、反論や防御をぐっとこらえ、まずは相手のフィードバックを注意深く聞きましょう。そのうえで、それが事実か否かをまずは判別します。事実でない場合は相手の話を聞き終えたあとに、それにつき質問や指摘をします。話の途中で感情的に遮ることはやめましょう。ネガティブなフィードバックを受けているときの対応で、あなたのビジネスパーソンとしての立ち居振る舞いが問われます。

2.あなたの人間性が否定されている訳ではない。

仕事上でネガティブなフィードバックを受けた=あなたの人間性につきネガティブなフィードバックを受けた 

この公式が自分の中にある場合、それを払拭しておくことが、フィードバックを冷静に受け取るコツとなります。仕事に没頭している人ほど、この公式に強く影響される傾向にあります。前もって、自分の中でこの公式の影響がどのくらい強いかを把握しておくことで、実際のケースを感情的に処理することなく冷静に対応できます。

3.フィードバックにつき検討する時間を求める。

その場で即座に修正が求められるものでない場合、フィードバックを受けた事項につき自分なりの対応を考える時間を求めましょう。これには相手に対して、そのフィードバックが重要なものであったというメッセージを伝えられるという利点があります。もちろん、あなたにとってもフィードバックが実際に正確なものであったかを分析、かつ第三者に意見を求める時間を得ることができます。

 

弊社アドバイザーとの無料コンサルティングのお申し込みは03-4530-9550またはinfo@theadvisorygroup.co.jpまで。