Connecting...

仕事でのあなたの強みを知る方法とは?

by Advisory Group

Strength at your work

「あなたの仕事での強みは何ですか?」そう聞かれてすらすらと答えられる方は多くはないのではないでしょうか。しかし、あなたの強みが何かを知りそれに合った仕事を選ぶことは重要です。自分の強みを活かさない仕事をしていると、キャリアとともにパフォーマンスとモチベーションが低下します。自己の才能や興味を分析し、それに合った仕事ができれば、目的意識をもって素晴らしい仕事をすることができます。キャリアアップを目指す場合、自分の強みを評価し活用することは最も重要といえるでしょう。

1.あなたが情熱をもてること、好きなことを知る

「あなたの残りの人生、何でも好きな仕事をしても良い」そう言われたらあなたは何を選択しますか?大それた質問かもしれませんが一度考えてみてください。その答えをもとに、仕事の内外でやりたいことを検討してみましょう。
書くことが好きだが仕事で直接の機会を得ることができない場合は、社内のブログや部署のニュースレターなど、現在の立場で書く機会を探ってみてください。技術者であるが自社の製品について話すのが好きであれば、セールスエンジニアとしての販売の機会を探してみてください。
あなたの最大の強みを認識するには、才能や情熱がどこにあるかを知るのが不可欠です。
 

2.周りの人に”自分の強み”を聞いてみる

あなたの周りの人は、あなた自身が気づいていない強みを知っている可能性があります。例えばリスニングスキル、創造性などについて肯定的なフィードバックを受け取る場合は注意を払ってください。仲の良い友人や同僚がいれば、あなたの強みがどこにあるかを聞いてみましょう。
得られたフィードバックやキーワードをもとに、それらの属性があなたの仕事やチームに具体的にどのような利益をもたらしたか注意して考えてみましょう。
 

3.あなたをフロー状態に導く業務を知る

日々の業務を思い返してみてください。どんなタイプのタスクに没頭していますか?チーム作業でしょうか、技術仕様の記述でしょうか?
あっという間に時間が過ぎてしまったと感じた時、あなたは机の上で何をしていましたか?無心になっている事柄に、あなたの才能や強みが隠されている場合があります。
 
アドバイザリーグループでは、アドバイザーがコンサルティングスキルをもってあなたの強みを分析、最適の仕事をご紹介いたします。
お気軽にご相談ください。 03-4530-9559 または info@theadvisorygroup.co.jpまで。