職場でのストレスを緩和する6つの方法とは?

投稿 5ヶ月前 | By Advisory Group

職場でのストレスを緩和する6つの方法とは?

多くの人が職場でストレスを感じた経験があると思います。しかしながら、ストレスを感じていながらも、私達はそれにどう対処すべきかを意外に知らないものです。ストレスを感じていることを、まずは認識し、職場での否定的な感情を解決・修正しておくことがその先のあなたの働き方がいかにスムーズになるかにかかわってきます。本稿では、職場のストレスを緩和するための6つのヒントを解説していきます。

1.定期的な休憩を取る

1日を通して短い休憩を意識的に取ります。1~2時間ごとに数分間画面から離れると、頭痛の種を減らし、リラックスする時間を得ることができます。

2.同僚に連絡する

仕事で孤独を感じることがあり、それが自身に強いストレスを与えていると感じる場合、同僚に連絡をしてみるのも一策です。仕事のストレスについて同僚と会話することは、頭をクリアにし、口頭で優先事項を整理するための良い方法です。話が一通りおわったら、話を聞いてくれた同僚に感謝の意を伝えることも忘れないようにしましょう。

3.回復するために仕事を休む。

有給を効果的に利用しましょう。1~2か月ごとに1日休むと、メンタルヘルスに不思議なことが起こります。休むことに罪悪感を持つのではなく、その先の仕事でのパフォーマンスをあげる有効な方法であると捉えましょう。ワインドダウンはストレス解消に最適な方法です。

4.定期的に運動をする。

定期的に運動することで、心が落ち着き、より良い睡眠を促し同時に身体の健康を維持できます。質の良い睡眠をとることでメンタルヘルスが向上します。睡眠不足は高いストレスレベルを引き起こす可能性があります。さらに、仕事で疲れていると間違いを起こしやすくなり、後にストレスが増える可能性があります。

5.家族や友人と一緒に過ごす

普段一緒に仕事をしていない人に会い、仕事とは全く関係のない話題について会話してみましょう。日常生活について話し合ったり楽しんだりすることは仕事でのストレスを和らげるのに最適です。また、一見仕事とは関係のない会話を通して、物事を俯瞰してみるヒントが得られたりすることもあります。

アドバイザリーグループでは、正社員のほか、派遣社員、契約社員、フリーランスとさまざまな形態の働き方をご提案、求職者様の理想の仕事探しをお手伝い致します。お問い合わせは、info@theadvisorygroup.co.jpまたは050-1741-0090まで。

また、LinkedIn(リンクトイン)にて最新求人情報や転職市場の情報を発信していますのでフォローをお忘れなく!

関連記事:

在宅勤務中に精神的・身体的健康をケアする方法

在宅勤務をうまく乗り切る5つのコツとは?