リモートチームを効果的に管理するための5つのヒントとは?

投稿 5ヶ月前 | By Advisory Group

Pexels Photo 4226122

現在、リモートワークは、単なるトレンド以上のものになっており、世界中の企業にとってメインストリームとなる働き方になってきています。中には突然リモートでチームを管理することになったチームリーダーやマネージャーもいらっしゃるでしょう。リモートでのチームの管理が初めてかつ準備する時間があまりなかった場合、頭を悩ませることも多いでしょう。本稿では、あなた自身とチームを成功に導くための5つのヒントを解説していきます。

 

 1. チームメンバーとのコミュニケーションを今まで以上に丁寧かつ積極的にとる

従来のオフィス環境に慣れている場合、在宅勤務で最も困難なことの1つは、チームメンバーに孤独感と孤立感が生じることです。これは、多くの人々が社会的距離を隔てていることを考えると特に当てはまります。1on1ミーティングをオンラインで積極的に行ったりと、今まで以上に丁寧に

2.テクノロジーを活用する

マネージャーとしてのあなたの仕事は、チームのつながりを保つことです。コミュニケーションツールは、チームメンバーの関わりを保つための簡単な方法です。メールやテキストメッセージは手軽な解決策かもしれませんが、SlackやMicrosoft Teamsなどのツールは、他人数の間で臨場感あるコミュニケーションをとる目的に適しています。さらに、これらのツールの一部は現在無料でも利用できます。

3.メンバーのタスクに対する「期待」を明示、管理をする

チームが取り組んでいる各タスクまたはプロジェクトの範囲、期限、成果物を明確に定義しましょう。これにより、各チームメンバーが何をすべきかをマネージャーとして理解し、彼らの仕事に対して何を期待しているのかを明確に伝達・管理することができます。ちなみに、この「期待の管理」はマネージャーとしてのあなた自身にも当てはまります。タスクとその背後にある理由の両方を明確に示すことにより、自分自身とチームがプロジェクトにおいて成功するように準備し、またその成功を測定する方法についてチームが正確に理解できるようにします。

4.経過ではなく結果に焦点を合わせる

リモートチームが行う作業のあらゆる側面を管理することは不可能です。特にチームがさまざまな場所に分散している場合は特にこれに該当するといえます。活動や作業時間に焦点を当てるのではなく、結果に焦点を当て、それに応じてチームを測定します。

5.柔軟であること

現在の環境は、従来のオフィスワークメインの働き方とは大きく異なるということを理解しましょう。例えば勤務時間についても通常の概念にとらわれず柔軟であることが必要となります。つまり、現況は生産性とは何を意味するかということを再考する良いきタイミングともいえるのです。チームを信頼し、チームが最も生産的になるような柔軟性をスケジューリング等の点においてチームに与えてみましょう。それはあなたのチームにとって長期的には利点となることが多いといえます。

 

外資系企業への転職に関するお問い合わせは、info@theadvisorygroup.co.jpまたは050-1741-0090まで。

関連記事:

生産性の高いチームを構築するには?