Eurobiz 2021年3月号にインタビューが掲載されました!

投稿 14日前

Image 2021 03 29 T12 28 16

CEO兼マネージングディレクター松岡ジバゴとアソシエイトディレクターカーティスブラウンのインタビューがEurobiz Japan2021年3月号に掲載されました。​

弊社が特に尽力しているシニアプロフェッショナル、シングルマザー、ワーキングマザーなど、従来の採用基準によりその能力を過小評価されている求職者様の雇用、また派遣・契約社員といった非正規雇用についての今後の考察につき触れています。

以下インタビュー記事より一部抜粋

「アドバイザリーグループでは、シニアプロフェッショナル、シングルマザー、ワーキングマザーなど、その能力を過小評価されている求職者様の雇用に尽力しています。これらの求職者様に対する採用ニーズはどうでしたか?

これらの求職者様に対する、企業のニーズは需要が高かったといえます。企業がリモートワーク(多くの日本企業にとっては異質な概念)の概念を理解しつつある中で、これらの求職者様にとっては大きなチャンスとなりました。なぜならば、多くのシニアプロフェッショナルやワーキングマザーなどは、すでにリモートワークや短時間勤務に慣れていたからです。また、これらの求職者様の多くは、従来からこのような働き方を好んでいたため、企業が時間短縮やリモートワークへのシフトを必要とするようになるにつれて、自ずと当社とご縁のあった求職者様は高く評価されるようになりました。」

2021年にはどのような採用ニーズがあるのでしょうか?

傾向としては、契約社員や派遣社員といった非正規雇用形態の採用が増えていくのではないかと考えています。なぜならば、企業は柔軟な雇用の選択肢を持ちたいと考えているからです。一方で求職者側も以前に比べ非正規雇用形態にオープンになっています。しばしば契約社員や派遣社員は正社員登用への足掛かりになるということが認知されつつあり、またリモートワーク、パートタイム等、多くの人がこのような柔軟なワークスタイルに慣れてきているので、派遣や契約社員といったポジションの増加だけでなく質も上がると思います。」

「今後もアドバイザリーグループは、その能力に対し正当な評価を受けていない求職者様に対し、3つのキーバリューをもって尽力していきます。

そのキーバリューとは 説明責任カスタマーサービスとチームワーク、そしてACTです。これらは我々のチームとビジネスを定義づけ、求職者様の理想のお仕事探しのサポートの原動力となっています。」

フルインタビュー(英語)は下記リンクの​40&41ページに掲載がございます。リクルートメント業界の第一線で活躍するジバゴとカーティスによる考察、是非みなさまのキャリア構築の一助となれば幸いです。

https://ebc-jp.com/publications/eurobiz-japan/eurobiz-japan-march-2021/