財務・会計の専門家の非正規雇用に関する4つのQA

投稿 7日前 | By Advisory Group

財務・会計の専門家の非正規雇用に関する5つの質問

1.任せられる仕事は責任のない単純な労働になるのでは?

非正規社員に任せられる仕事は責任のない単純な労働にすぎないのではないか、というのはよくある誤解です。企業や労働者の働き方に対するニーズは何年にもわたり変化してきており、現在では非正規社員に関する需要がはるかに高まっています。具体的なポジションとしては、簿記業務から暫定的なCFO業務まで多岐にわたりますが、中でもマネジメントレベルの責任ある役職を任せられるケースも増えてきています。これらのポジションは成熟した専門知識と実務経験が必要とされるため、このような能力を備えたポートフォリオキャリアを有する専門家が重宝されています。これらの専門家は、非正規社員をベースにしたコンサルティングライフスタイルを採用しています。なぜならば、このライフスタイルに依ることで、次に取り組むべきプロジェクトを自ら選択できる等、より柔軟な働き方を採用することができ、また場合によっては時給1万円といった高い報酬を受け取ることができるからです。

2.福利厚生はどうなっているの?

非正規労働者は、一定の条件を満たせば正社員と同様に雇用保険や社会保険の加入が可能です。異なる点は、派遣元が非正規社員に対し給付を支給するという点です。

3.契約期間は数か月と短期で終わってしまうのでは?

非正規労働は、その期間について、数か月単位の短期のものとの認識があるかもしれません。しかし、長いものでは数年にわたる契約もあります。

4.正社員登用へのチャンスがないのでは?

最近では非正規雇用がますます一般的になっています。企業と採用担当者は、非正規労働者がもたらすメリットと価値を理解しています。非正規労働は、場合によってはハイレベルのプロジェクトと見なされるようになりました。また、専門知識を有する非正規契約労働者は、その経験と実戦力を買われ困難なプロジェクトに携わることが多くみられます。

財務・会計の専門家の非正規労働に関するアドバイスや詳細については、050-1741-0090またはinfo@theadvisorygroup.co.jpまでお問い合わせください。

また、LinkedIn(リンクトイン)にて最新求人情報や転職市場の情報を発信していますのでフォローをお忘れなく!

関連記事:

派遣社員、紹介予定派遣社員、契約社員、それぞれの雇用形態に関する違いとは?