在宅勤務中に精神的・身体的健康をケアする方法

投稿 7ヶ月前 | By Advisory Group

在宅勤務中に精神的・身体的健康をケアする方法

ルーチンの作成

日課とスケジュールを作成し、これを維持するよう努めます。毎日のルーチンに固執することで、ある程度のセルフコントロールとリモートでの作業に慣れ、一日の終わりに特定のタスクを達成したような感覚を持つことができます。

 

ワークスペースと自宅のスペースを分ける

在宅で仕事をするなら、仕事とプライベートを切り離すことが大切です。 そのスペースに座っているときは仕事モードになるようなワークスペースを、仕事以外のリラックスした時間を過ごすには、プライベート専用のスペースを、それぞれ分けて作成します。

 

仕事のスケジュールに境界線を設ける

自宅で仕事をしている間は、より多くの時間働きたくなるかもしれません、また、料理を始めとする家事をしたりしている間は、仕事が終わってから働きたくなるかもしれませんが、それはあなたの健康と幸福にマイナスの影響を与える可能性があります。ここでも仕事とプライベートを切り離し、勤務時間の境界線を設定することを心掛けましょう。

 

同僚、友人、家族とのつながりを大切にする

特に、初めて在宅勤務を経験する場合、在宅勤務は孤立したものに感じられるかもしれません。従来のワークスタイルでは同僚と定期的にコミュニケーションを取ることに慣れているかもしれませんが、在宅勤務ではその毎日の交流が制限されてしまいます。繋がりを保つため、同僚や友人、家族と電話で連絡を取り合う時間を毎日のルーチンの中に設けましょう。同僚や友人、家族と直接話す、もしくはビデオ通話を通して顔を合わせることで、つながりを感じやすくなり、孤立感も少なくなります。

 

休憩を取り、アクティブに過ごす

在宅勤務に疲弊したときは、外を散歩したり、ベランダや窓辺で深呼吸する等し、新鮮な空気を吸う時間を作ってみましょう。

外に出られない場合は、家の中で軽い運動ができるよう1時間ごとにリマインダーをかけておきましょう。歩いたり、ストレッチをしたりする時間を取ることで、ストレスレベルを軽減し、エンドルフィンを放出することができます。これは身体的な健康だけでなく、精神的な健康にも良いことです。

 関連記事:

在宅勤務をうまく乗り切る5つのコツとは?